八ッ場ダムの建設でダム底に沈む温泉街 川原湯温泉

群馬県長野原町にある川原湯温泉は、この地にて狩りをしていた源頼朝が発見したという由緒を持つ温泉で、また450年前に源泉が枯渇してしまった際、鶏を生け贄にして供えたら湯が復活したという故事を由来とした奇祭、「ゆかけ祭り」も有名な温泉街です。
この温泉街は、JR吾妻線の川原湯温泉駅で下車すると、そう遠くない位置にあります。JR吾妻線沿いにはこのような駅チカの温泉街が多くあり、大抵の場合日帰り共同浴場が用意されていたりするので、温泉巡り旅行などで川原湯温泉を訪れたことのある温泉フリークも多いのではないかと思います。

八ッ場ダムの建設で、温泉街が沈んでしまう


そんな川原湯温泉ですが、この地に八ッ場ダムが作られることにより、ダム底に沈んでしまうことが既に決定しています。川原湯温泉の名前および川原湯温泉駅は、高台に移転して新天地で存続することが決定していますが、歴史ある温泉街そのものは、少なくとも今年中にはもう見られなくなってしまうわけです。ということで、温泉街の消滅を惜しむ声も多々あるようです。
先日6月30日には、川原湯温泉の共同浴場である「王湯」が営業を終了しました。旧温泉街にあった旅館の多くも移転や閉館をしてしまい、温泉街の閉鎖が秒読み段階に入っているようです。そこで、旧温泉街の見納めで訪れるならば、なるべく早めに行くことをお勧めしたいものです。

温泉街とともに…川原湯温泉駅と樽沢トンネルも役目を終える


八ッ場ダム建設により、吾妻線は高台に経路を変更することになります。川原湯温泉駅の駅舎はなかなか雰囲気があって良いものであったので、その点についても残念です(傘を持ってこなかった客のために、駅舎で貸し出しを行っていたなあと思い出します)。そして、駅舎以外にお役目御免となるのが、吾妻線の川原湯温泉駅手前に存在した日本一短いトンネル、「樽沢トンネル」。温泉マニアだけでなく、鉄道マニアにとっても残念な出来事でしょう。こちらも、今年の秋までに行けば見納めが出来ます。

新生川原湯温泉は高台の上に


とは言え、決まってしまったことを悔いていても仕方ありません。川原湯温泉の名前がなくならず、新たに高台の上に温泉街ができるようですから、今後はそちらをご贔屓にしましょう。先程紹介した「王湯」も、新しく7月5日(土)13:00から高台の上でオープンするようです。源泉が変わるので、その点も楽しみですね。
関連記事
スポンサーサイト

足湯付き新幹線の「とれいゆ」 7月19日から運行開始するけれど…

以前、このブログで紹介させていただきました、山形新幹線の足湯付き臨時列車「とれいゆ」。6月30日に報道関係者に先行公開された、ということで、各メディアに紹介記事が出始めましたね。とれいゆに備え付けの足湯は、間口が2.4mの湯舟が2槽。8人が同時に楽しめる形となっています。メディアで紹介された絵を見る限り、見た目は新幹線の外観と同じくモダンな装いで、手すりがついており、目の前の窓から車外の風景を眺められるようになっています。

「とれいゆ」の足湯は温泉ではない模様


「とれいゆ」のコンセプトは非常に魅力的だっただけに、どうしても気になってしまう部分があります。それは、足湯に使われるお湯が温泉ではないということ!確かに当初発表資料で、温泉を足湯に使うとは一言も言及がありません。けれども資料内では、『「とれいゆ」は、「食」「温泉」「歴史・文化」「自然」を温泉街のように散策しながら列車の旅を楽しんでいただく…』といったコンセプトが語られています。これを読んで、足湯に温泉が使われていないと思うでしょうか?
山形新幹線の沿線に源泉は沢山あるでしょうに、勿体ない&残念な話です。

「とれいゆ」の気になる細かい仕様


その他気になる部分は、足湯席が写真を見る限りとても硬そうな、長時間座ることが出来ないような席であるように見えること。主なターゲット層である高齢者に、この席はつらいかもしれません。足湯の利用はお座敷利用のパックの購入者が優先されますが、当日に空きがある状態ならば、運賃・特急料金と別途の利用料金350円を払えば一般客でも利用できるようです。
新幹線の運行速度は、足湯をこぼさないために20km/h落とすとのことです。土日・祝日に新庄駅-福島駅間を1往復するとのことで、所要時間は福島駅10:02発が2時間14分、新庄駅14:43発が2時間58分とのことです。

1日1往復の運行ということで、整備に時間も十分取れるでしょうに、足湯を人工温泉にするという発想にすらならなかったということが非常に残念です。高級商品で売るならば、細部までこだわりつくすことが大切だと思うのですけれどね。
関連記事

スポンサードリンク

プロフィール

FC2USER473085RAN

Author:FC2USER473085RAN
温泉が好きな国内旅行マニアです。色々な温泉に入るうちに、温泉のことをもっと知りたいと思うようになってきました。気になる美容・健康との関係についても調査しちゃいます!

最新記事

カテゴリ

おすすめトラベルリンク