箱根強羅温泉にブックホテル「箱根本箱」 2018春オープン

都会の喧噪を離れて、普段とは異なるゆったりとした時間を過ごしたい。首都圏から近い日帰り温泉も良いけど、どうせなら宿泊つきで…そんな現代人の欲求に対して、新しく温泉+読書というスタイルの提案が登場しました。

箱根強羅温泉にできる蔵書2万冊のブックホテル


先頃プレスリリースが出されたのは、2018年春に開業予定という箱根強羅温泉の温泉施設、「箱根本箱」。日本出版販売株式会社(日版)が箱根に所有する同社の保養施設「あしかり」を全面リノベーションして、本とのふれ合いをテーマとした一般開放施設へと変えオープンする予定であるそうです。施設はレストランやカフェ、コワーキングスペースなどからなり、もちろん宿泊も可能。特に宿泊者は書斎をテーマとしてデザインされた温泉露天風呂つき客室に、1泊朝食付19000円から宿泊することが可能になるようです。

読書もまた体験を求めて出かけるコンテンツに


この「箱根本箱」。施設の総合的なデザインを担当するのは、新潟県南魚沼市の大沢山温泉に「里山十帖」というライフスタイル提案型施設をオープンした、株式会社自遊人であるそうです(「自遊人」というそのものの名前の雑誌を発行する会社としても有名ですね)。「里山十帖」は2014年にグッドデザイン賞を受賞した、温泉旅行に来た宿泊者が農業をはじめとした里山体験もできる施設。本なんて都会、田舎に関わらずどこでも読むことが出来るのではないかという疑問も浮かぶのですが、あながち現代人にとってはそうでもなく、読書以外の誘惑の多い都会から強制的に隔絶された場所で、何物にも遮られない環境で体験しにいくコンテンツに変容しつつあるのかもしれません。そうしたゆったりとした体験に、箱根の温泉もついてくるとしたらなおさら満足ですね。
源泉は強羅温泉と大湧谷温泉からそれぞれ引いてきて、掛け流しで提供されるようです(インプレスグループ「ネタとぴ」取材記事)。施設の性格上大人しい利用者が多いでしょうから、お湯の評判次第によっては本に興味が無くても穴場宿として楽しめるかも。大いに期待したいところです。
関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

プロフィール

FC2USER473085RAN

Author:FC2USER473085RAN
温泉が好きな国内旅行マニアです。色々な温泉に入るうちに、温泉のことをもっと知りたいと思うようになってきました。気になる美容・健康との関係についても調査しちゃいます!

最新記事

カテゴリ

おすすめトラベルリンク