温泉マーク廃止問題のもう一つの意味 サカサクラゲ?

前回のポストでは、2020年の東京オリンピック開催を前に伝統的な温泉マーク(♨️)が存亡の危機に瀕していた…けれども、廃止見送りになった!という話をしました。

使用続行となった温泉マークと、発祥地をうたう磯部温泉


その中で現行の温泉マークが廃止されそうになった理由を、外国人から見たら温かい食べ物(Hot Meal)の提供場所に見えるから、という風に説明いたしました。この見解は、経済産業省の公報ページで今回の改正理由として書かれていたとともに、温泉マーク問題を扱った多くのテレビ番組で実際に外国人にマークを見せた際の反応から、番組中で結論づけていたものです。

温泉マーク廃止問題 実は意外な背景が…


でもそうしたテレビ番組のインタビューに出てくる外国人は、決まって白人、ないし東南アジアの国々の人でした。一方、いくつかの番組で国籍別の現行温泉マーク理解度グラフを出していましたが、韓国の人の温泉マーク理解度が高く、その理由を韓国でも同じ温泉マークが使われているため、と説明していました。それならば、韓国の人を捕まえてインタビューに答えてもらえば、正解を導き出してくれるのでは?むしろ韓国の人にも理解されるのならば、現行の温泉マークを国際的な標準とする運動を起こせば良いのでは?
しかし、そう簡単に事が終わらない、意外な背景がそこにはあったのです。

温泉マークの別名、サカサクラゲ


皆さんは「サカサクラゲ」という言葉を知っていますでしょうか?クラゲの一種…実はそれも正解です。サカサクラゲは熱帯に棲息するクラゲの一種で、科名にもなっています。
でももう一つの意味。それが温泉マークを呼ぶ呼び方で、実際♨️のマークはクラゲが逆さまになって浮いている様子に似ています。そして、このマークを素直に温泉マークと呼ばずにサカサクラゲというのは、言外の意味があるからです。
実は昭和の時代の日本では、連れ込み宿、いわゆるラブホテルがこの温泉マークを掲げて営業内容を表示していました。宿内に温泉があるなしに関わらず、この湯気が三本立ったマークを使っていたのです。そしてそのマークを表す隠語として、サカサクラゲという呼び方が広まっていったのです。
温泉マークを連れ込み宿の表示として使う風習は、温泉旅館組合の反発等も受けて各地で規制され、現在では古い建物の看板等でしかお目にかかる事はなくなりました。けれども韓国や台湾といった戦前戦後日本文化の影響の大きかった国では、温泉マークを温泉の湧いていない宿泊施設、連れ込み宿的性質のある宿泊施設などの表示に使う例が、いまだ残っているのです。

温泉マーク存続問題は、韓国での法改正を受けてのもの?


ちなみに韓国では、この温泉マークが大日本帝国支配時代の残滓である事もあり、新しい温泉マークへの切り替えが2008年に施行されました。けれども対象となるのは、実際に温泉が利用できる施設のみ…ということで、かえって♨️のマークが温泉とは無関係の宿泊施設をはっきり表すマークとして残ってしまったのです。
そのような事実をふまえると、今回東京オリンピック前に温泉マークの見直しが議論された背景というのは、外国人にわかりにくいからという曖昧な理由ではなく、韓国でこのマークが別の意匠として使われ、ちょっと淫靡な意味すら持ってしまうから、というものだったのではないでしょうか。
温泉マークの全く同じ図像が韓国や台湾で使われているというのは、大日本帝国統治時代という少し後ろ暗い事実を想起させますし、そもそもサカサクラゲと呼ばれて連れ込み宿の表示に使われていた時代に触れるのは、経済産業省も避けたいところがあったのでしょう。だからと言って存続問題の本質を表に出さずに、ヒアリングは終了、温泉マークは国民の皆様の意見により存続が決定!と問題を締めてしまうのも、いかがなものでしょうかね。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサードリンク

プロフィール

FC2USER473085RAN

Author:FC2USER473085RAN
温泉が好きな国内旅行マニアです。色々な温泉に入るうちに、温泉のことをもっと知りたいと思うようになってきました。気になる美容・健康との関係についても調査しちゃいます!

最新記事

カテゴリ

おすすめトラベルリンク