温泉用語「源泉掛け流し」

「掛け流し」が売りになる温泉



温泉宿の紹介などを見ていると、「源泉掛け流し」という売り文句が付けられているケースが非常に多くあります。何がそんなに凄いのか、わからない言葉ですが、こういう文句があるということは掛け流していない温泉もあるということで、掛け流しの温泉に入れた時は得をしたように感じてしまいます。
そもそも、掛け流しの言葉が取り上げられるようになったのは非常に最近のことで、たとえば弘法大師が開湯した温泉などで、大師が「やった!この温泉、掛け流し!」という感想を言ったというエピソードはありません。温泉に対するこだわりとして、非常に近年になって現れた概念なのです。

「掛け流し」が現れた背景



掛け流さない温泉というのは、どういう温泉でしょうか。それは、温泉水を機械で循環させて、消毒・濾過などをして浴槽に戻すタイプの温泉です。
温泉資源は有限ですので、こういったタイプの方が温泉の利用方法として正しいもののように感じられます。事実、掛け流しが重宝されるようになる以前は、このような利用法がとりたてて敵視されることはありませんでした。
ただ、循環するタイプの温泉で、管理のまずさからレジオネラ菌が繁殖、死亡事故に至った一件から、循環する温泉に不自然な利用方法だというイメージがついてしまい、対照的に掛け流し温泉の価値が上がることとなったのです。

「掛け流し」温泉のメリット



掛け流しの温泉は、地面から湧出した温泉を直接浸かって楽しめるということで、温泉の成分そのままを楽しむことが出来ます。温泉に含まれる湯の花なども、循環式では不純物として濾過されてしまうため、掛け流しの温泉でないと楽しめません(人為的に追加する場合もありますが)。したがって、掛け流しであることは温泉マニアには重要なファクターなのです。

また、循環式の温泉がきちんと管理されているのかどうか、小規模な温泉ではあまり期待が出来ないといった部分で、循環式に対する不信感はあって自然なものです。実際に死亡事故にまでつながった以上、リスクが存在するということが広く知られてしまいましたので、それを避けるという行為を無駄とは言いきれません。


でも、「掛け流し」表示の根拠は?



ただ、パンフレットなどで掛け流しを謳っているからといって、それをそのまま鵜呑みにしてしまうのは危険です。実は、「掛け流し」と表示するにあたって、特に認定プロセスが必要であったり、根拠の記載が必要ということは全くないのです。したがって、現状では言ったもの勝ち、ばれなければ問題が無いというのが実情です。

「掛け流し」 = 凄い温泉 ではない



また、誤解されがちなのですが、源泉掛け流しだからといって、温泉の効果が著しいということではありません。そもそも、地下から湧きあがった水が都合良く健康に良い、全く健康に悪影響をおよぼさないというのは、一種の民間信仰の類いですので、それが循環されたり、加水されたら効果を損ねてしまうというのはナンセンスな思い込みです。あくまで、「源泉掛け流し」は、温泉に神経質なマニアのこだわりにすぎないもので、「卓球の置いていない温泉旅館は減点!」というようなものと同レベルだと考えておけば良いです。それに乗るも乗らぬも、温泉に入る人の自由といったところでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサードリンク

プロフィール

FC2USER473085RAN

Author:FC2USER473085RAN
温泉が好きな国内旅行マニアです。色々な温泉に入るうちに、温泉のことをもっと知りたいと思うようになってきました。気になる美容・健康との関係についても調査しちゃいます!

最新記事

カテゴリ

おすすめトラベルリンク