スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産『石見銀山』に追加された温泉街 温泉津温泉

前回の記事では、和歌山県にある湯の峰温泉と"つぼ湯"について紹介をしましたが、その記事のタイトル『世界遺産の"登録遺産"となる唯一の温泉〜』という文句については、結構考えながらつけた思い出があります。というのも、『世界遺産に含まれる温泉〜』という文句にしてしまうと、当てはまりそうな温泉の候補がもう一つ出てきてしまうからです。それが今回紹介する、島根県の温泉津(ゆのつ)温泉です。

『石見銀山』に後から追加された温泉津温泉


温泉津温泉があるのが島根県ということで、関連する世界遺産は島根県大田市の正式名称『石見銀山遺跡とその文化的景観(通称"石見銀山")』になります。石見銀山が世界遺産に登録されたのは2007年ですので、今年で登録からまる10年が経過したことになりますね。2006年にユネスコに推薦を行った際には、日本国内の鉱山の一つに過ぎない石見銀山に世界遺産としての普遍的な価値があるのかという点が指摘され、登録の可能性が絶望視されていましたが、その後日本政府代表部の活躍により全会一致で登録が果たされたという経緯は当時少し話題になりました。
温泉津温泉はこの2007年登録時の構成資産には含まれていませんでしたが、逆転登録を可能たらしめたロジックの一つ、「鉱山周囲の環境等も含めて持続可能な取り組みが為されており、またそれがよく残存している」という点を明確にするために、2010年に軽微な変更として構成資産に追加されました。したがって、温泉津温泉が世界遺産に含まれるとはいうものの、それは主に物資の積み出し港として使われたことを鑑みての追加であり、熊野湯の峰温泉"つぼ湯"のような温泉効能とそれが広まったことにより出来上がった巡礼文化が評価されてのものではありません。
それでも、温泉津温泉が銀山開山とともに増える労働者の慰労の湯として価値を認められていたということは重要な事実です。将来的に温泉のもつ価値が世界的に認められ、西欧世界にも温泉マニアが増えてくれば、物資の積み出し港だけでなく温泉街的な発展をとげていたということも、持続可能な産業遺産の構成要素として重要なものであったと認識されるのではないでしょうか。温泉にゆっくり浸かれば、労働者のストレスも軽減されますからね。

泉質はさすが世界遺産級?薬師湯はオール5温泉!


その温泉の泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。温泉津温泉には源泉が古くからある"元湯"と約150年前の地震で湧出が始まった"薬師湯"の2つありますが、どちらも少ししょっぱい濁り湯で、湯船に析出物をびっしりとつけます。温泉津温泉ではどちらの源泉も公衆温泉によって楽しむことが出来るのが素晴らしい所で、"元湯"の場合「元湯泉薬湯」、"薬師湯"の場合「薬師湯」とそれぞれの公衆温泉に400円以内で入浴できます。
このうち、「薬師湯」については社団法人日本温泉協会が天然温泉の6項目について自然度・適正度を評価する制度において、全6項目が最高評価の5をつける通称"オール5"の評価を受けています。オール5温泉は全国で20ヶ所も無いものなので、温泉通を自称したいのであれば優先的に浸かりにいって、どのようなお湯であるか人に説明できるくらいにはなっておきたいものです。

温泉津温泉に宿泊する


最後に、いつも通り温泉津温泉での宿泊施設について紹介です。温泉津温泉の街並がある通りは、JR山陰本線温泉津駅降りて目の前の通りから小山を挟んだ北側にあり、徒歩では20分ほどかかります。この街並の中に多くの旅館や公衆浴場などもあるのですが、その中で最も古い旅館が「旅館 ますや」です。
元々は廻船問屋だったという築100年以上の建物


同じく廻船問屋であったという築80年以上の「旅館 後楽」。歴史ある建物や調度品など雰囲気を堪能したい場合にはこの2軒はうってつけです。
薬師湯・元湯にも近い


同じく元湯・薬師湯に近いところにある「旅の宿 輝雲荘」。こちらは平成15年にリニューアルしたため設備が新しめで、また温泉津温泉で唯一の露天風呂があります。
エレベーターがあるなど管内設備が充実


温泉津温泉から石見銀山の鉱山街(大森地区)まで予約制の乗合タクシーもあるので、鉱山遺跡を見に行く前泊の宿として温泉津温泉はうってつけです。なにしろ世界遺産の温泉街に宿泊する、という体験はなかなかできるものではありませんので、世界遺産マニアも温泉マニアも要注目の温泉と言えるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

スポンサードリンク

プロフィール

FC2USER473085RAN

Author:FC2USER473085RAN
温泉が好きな国内旅行マニアです。色々な温泉に入るうちに、温泉のことをもっと知りたいと思うようになってきました。気になる美容・健康との関係についても調査しちゃいます!

最新記事

カテゴリ

おすすめトラベルリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。