スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"オール5"温泉は死語になる?天然温泉表示制度の見直しについて

前回の記事に引き続いて、日本温泉協会が取り仕切る天然温泉表示制度について勉強をしましょう。天然温泉表示制度については、戦後になってから温泉と名のつくだけの施設と本当の天然温泉を使った施設を区別するために出来た制度で、25年の時を経て後に表示看板の内容が見直され、浴槽単位のプロフィールと適正度評価が掲載されるようになったという成り行きでしたね。そして今回は、見直し後のテスト看板を使った試行期間(2年間)終了後に本採用された、現行の天然温泉表示看板についての解説から入りましょう。

現行の天然温泉表示看板の仕様


木製のテスト看板に代わって登場した新天然温泉表示看板は、白地に青系の文字で情報が記載されたものになります。湯気4本の天然温泉表示マークが占める面積は減って、テスト看板では金属製であった"天然温泉利用証"プレートが、"温泉利用証"という記載に変わって看板自体に一緒に印刷されるようになりました。以前プレートであったのは、掲示期限が切れて看板内容を更新する際にプロフィールと評価の部分だけを取り外して木製部分を再利用できるような工夫だったのかもしれませんが、新表示看板は全体的に安っぽくなったので、更新時に丸ごと交換してしまうようにしたのかもしれません。
新表示看板の温泉プロフィール部分は、利用源泉に関する情報浴槽の温泉利用に関する情報の2つのセクションに分かれ、源泉に関する情報では新たに湧出量源泉からの距離が加わり、泉質は新泉質名と掲示用泉質名が併記されるようになっています。
浴槽の温泉利用に関する情報のセクションでは、適正度評価のうち給排湯方式、加水、新湯注入率の3項目について具体的なデータを表示しています。また、入浴剤や消毒の添加有無が明記されるようになりました。
適正度評価は全部で6項目(源泉泉質引湯給排湯方法加水新湯注入率)。テスト看板では源泉・引湯で一項目であったのを分割し、また給湯方式が給排湯方式に、加水の有無が加水にといったように表現の微細な変更がありました。そして、評価の段階については1〜5までのサイコロの目で表示するようになりました。こうして、全項目満点の温泉が"オール5"温泉と呼ばれるようになったのです。

表示看板新規発行・更新が停止されている現状


こうして2005年(平成17年)5月に鳴り物入りで登場した新天然温泉表示看板ですが、現在では審査および看板の新規発行が停止されてしまっています。また5年以上前に審査を受けて掲示期限が切れてしまった看板についても再審査による更新が許されず、暫定で延長掲示が許されているという状態です(現状新天然温泉表示看板を掲示している施設一覧:日本温泉協会)。そして2018年8月には全ての表示看板の掲載期限が切れるのですが、そのときをもって現行制度を終了しようという動きも出ています。実際にこの制度が終了してしまった場合、"オール5"温泉の認定はなくなり、また温泉の利用適正度を5年毎に審査し直すことをふまえての"オール5"であったわけですから、"元オール5"温泉といったような呼び方すら何の意味も持たなくなってしまいます。

新天然温泉表示看板は何故流行らなかったか


何故そのようになってしまったのかというと、新天然温泉表示看板の立ち位置が不鮮明であったわりにコストが大きく、結果流行らなかったからではないでしょうか。なにしろ審査する項目が多岐にわたるため一度のタイミングで多くの施設に看板を発行することができません(その上、更新時にまた審査が必要です)。また、適正度評価は全項目満点の"オール5"とでもなればアピールにも使えるのでしょうが、源泉からの距離など施設側の努力によっても改善の余地がない項目もあり、目標づけにも使えません。
加えて、施設の利用客が知りたい温泉の利用方法については、テスト看板の試行期間中2004年(平成16年)に起きた温泉偽装問題を受けて、2007年(平成19年)より温泉法で掲示が義務づけられる温泉分析書の中にある程度まで記載しなければならないことになりました。テスト期間の最中やあるいは前にこういった改正があれば棲み分けを目指すことも可能だったと思いますが(余談ですが、この偽装問題を受けて、本採用された看板にも入浴剤や消毒の添加有無が記載されるようになったものと思われます)、色々とタイミングも不運であったのでしょう。

もし現行制度の見直しによって新たな天然温泉表示看板が登場することになったら、おそらくよりシンプルなものになるでしょう。そのデザインにもぜひ期待しておきたいところですね。
関連記事
スポンサーサイト

日本温泉協会と、天然温泉表示制度が登場した経緯について

前回の記事では世界遺産『石見銀山』に訳あって後から追加された温泉街、温泉津温泉について文章を書いてみました。そしてその記事内で紹介した公衆温泉「薬師湯」の売り文句が"オール5"温泉で、この"オール5"に認定された温泉が全国で20ヶ所も無いという事実についても言及していました。今回はこの"オール5"温泉という存在を生み出した天然温泉表示制度がどういった経緯により登場したものなのかについて勉強していきましょう。

"天然"温泉区別のために登場した天然温泉表示制度


天然温泉表示制度を取り仕切っているのは、先の記事でも触れましたが一般社団法人日本温泉協会(以下、日本温泉協会)です。日本温泉協会は1929年(昭和4年)に内務省や鉄道省、鉄道業界や旅行業界などの肝いりで半官半民の団体として設立され、1931年(昭和6年)に社団法人となった団体です。設立の背景には日本人のライフスタイルの西洋化にともなって、それまで療養目的が主体であった温泉をレジャーの対象としてアピールしたい業界の思惑などがあったようです。
天然温泉表示制度については、戦後の1976年(昭和51年)に温泉利用施設の温泉が天然のものであることを明示するために創設されました。こちらの背景については、"サカサクラゲ"について説明する記事でも書きましたが、いわゆる温泉マーク(♨️)が天然温泉を利用しない連れ込み宿のマークとして濫用されたことや、大阪など一部の地域で銭湯のことを温泉と呼ぶ風習があることなどで、どの施設が本当に純粋な天然温泉を提供しているのか分かりにくい状況であったことなどが挙げられます。初期の天然温泉表示看板には環境省・運輸省管理であることと、日本温泉協会が設置したこと、そして中央に温泉の湯気が4本立ち上る天然温泉表示マークが描かれたのみの金属製のシンプルなもので、この天然温泉認定については一度認定を受ければ更新の必要がなかったため、いまだにこの看板が掲示されたままの施設も結構あるものと思われます。

温泉についての情報も載せるようになった天然温泉表示(テスト)看板


その後このシンプルな天然温泉表示看板は25年ほど活躍をしましたが、2001年(平成13年)の中央省庁再編により環境庁の名称が環境省になり、また運輸省が国土交通省に統合されることになると、従来の記載のままでは不都合があるため看板の新規発行が停止されます。この際に合わせて看板への記載項目ならびに役割についても大幅に見直しをしようとする動きが現れ、その結果新たな木製の、下部に金属プレートがはめ込まれた天然温泉表示看板が2003年(平成15年)より試験的に導入されました(通称テスト看板)。
このテスト看板の特徴は、天然温泉利用証と書かれた金属プレート部分に施設名、浴槽名、源泉名、引湯方法、泉質泉温などの調査項目が記載されていることです。この調査は浴槽ごとに日本温泉協会内の日本天然温泉審査機構によって行われ、またその際に源泉・引湯泉質給湯方法加水の有無新湯注入率の5項目の適正度を、◉>◎>○の3段階で評価し一緒に表示するようになりました。つまりこのテスト看板の時点では、満点評価は"オール5"ではなく"オール3"であったわけですね。
温泉のプロフィールと評価の表示が導入された以外にも、テスト看板による変更がありました。それは看板掲示に5年という期限が設けられたことで、掲示期限を過ぎると再び調査申請をして、看板の内容を更新しなければなりません。以前の看板ですと一度天然温泉認定を受けてしまった後であれば好き放題に温泉の利用状況を変更しても知らんぷりができたので、この変更は看板の信頼性を確保するために必要なものであったのでしょう。
テスト看板は平成15年4月から平成17年3月末まで合計670枚発行され、その結果が現在使われる5段階評価の表示看板の仕様へと引き継がれています。現行の看板についてはその新規発行が停止されている現状も含めて次回の記事で解説をしたいと思いますが、今回説明しました旧看板からテスト看板への仕様変更、背景には天然温泉を使っているか使っていないかということのはっきりした表示が必要であった時代が終わり、掛け流しに代表される源泉の利用方法について、天然温泉同士での格付けが求められる時代へと変わっていったことがあるのではないでしょうか。
関連記事

スポンサードリンク

プロフィール

FC2USER473085RAN

Author:FC2USER473085RAN
温泉が好きな国内旅行マニアです。色々な温泉に入るうちに、温泉のことをもっと知りたいと思うようになってきました。気になる美容・健康との関係についても調査しちゃいます!

最新記事

カテゴリ

おすすめトラベルリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。