FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉質による分類:硫酸塩泉(石膏泉)

泉質による9つの温泉分類、今回は硫酸塩泉(石膏泉)です。

硫酸塩泉(石膏泉)とは


硫酸塩泉(石膏泉)は、温泉1kg中に1000mg以上の含有成分があり、その主成分の陰イオンが硫酸イオンのものです。硫酸塩泉がすなわち石膏泉というわけではなく、硫酸塩泉の中には石膏泉のほか芒硝泉、正苦味泉などの小カテゴリもあります。
硫酸塩泉という名称には、薬品の硫酸のような強力な反応を起こすイメージや、硫酸のの字から硫黄臭のするイメージがあるかもしれませんが、実際の硫酸塩泉はそれらのイメージとは異なり、比較的見た目も地味な、無味無臭に近い温泉です。

硫酸塩泉(石膏泉)の効能


硫酸塩泉(石膏泉)の効能は、まず陰イオンである硫酸イオンがもたらす効果として、血管を拡張し血液の流れを良くするというものがあります。そのため、肩こりや腰痛などの痛みを緩和する働きをもちます。また硫酸塩泉では、陽イオンの種類によってうたわれている効能が微妙に異なることもあります。陽イオンによる小カテゴリの説明とともに効能を挙げていきましょう。

石膏泉の効能


石膏泉と呼ばれているのは、カルシウム-硫酸塩泉です。石膏というのは、彫刻などでも使われる身近な成分ですね。この石膏が化合物の硫酸カルシウムにあたります。陽イオンとしてカルシウムイオンをもつ石膏泉には、効能として脳卒中や外傷の治癒などがよく挙げられており、俗に「中風の湯」「傷の湯」と呼ばれます。石膏はその解熱作用により生薬として用いられることも多く、それゆえ石膏泉は飲用にも適していると言われます。

芒硝泉(ぼうしょうせん)の効能


芒硝泉とは、陽イオンとしてナトリウムイオンをもつ、ナトリウム-硫酸塩泉のことです。効能は硫酸塩泉の主立ったもの、つまり高血圧予防、血行促進などです。硫酸ナトリウムは人体に対する危険性が少なく、硫酸カルシウムとともに市販の入浴剤の原料となっています。

正苦味泉(しょうくみせん/せいくみせん)の効能


正苦味泉の正苦味とは、硫酸マグネシウムのことです。つまり、マグネシウム-硫酸塩泉ということになります。口に含むと苦みがあるのが特徴です。こちらの効能も硫酸塩泉の主立ったものです。

代表的な硫酸塩泉(石膏泉)


硫酸塩泉(石膏泉)の温泉は、日本でもそこそこ数が挙げられる程にあります。たとえば温泉まんじゅうについての話で言及した、群馬県の伊香保温泉の黄金の湯が硫酸塩泉になります。黄金の湯は含有成分が多く、カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉となります。
硫酸塩泉の中でも、正苦味泉は日本では珍しい泉質になるのですが、北海道の旭岳温泉、天人峡温泉などでお目にかかることが出来るようです。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサードリンク

プロフィール

FC2USER473085RAN

Author:FC2USER473085RAN
温泉が好きな国内旅行マニアです。色々な温泉に入るうちに、温泉のことをもっと知りたいと思うようになってきました。気になる美容・健康との関係についても調査しちゃいます!

最新記事

カテゴリ

おすすめトラベルリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。