スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工温泉って何?天然温泉との違いは?

春ならではの贅沢、『花見露天』を紹介した記事で、咲花温泉 『ホテルさきはな』のお湯について、人工温泉なのが残念と書きました。
人工温泉とはどういうお湯のことを言うのでしょう?天然温泉との違いは?そして入浴剤と何が違うの?そんな疑問に、今回は答えます。

天然温泉と人工温泉


天然温泉の定義とは、以前紹介した温泉の定義そのものです。地熱などで温められた地下水というのが伝統的に使用されてきた温泉の語の定義で、それ以外に温泉法という法律で決められた定義もありましたね。
人工温泉は、こういった温泉の特徴を人工的に再現した温泉です。つまり、25度以上で湧出する地下水以外の水を温めて、温泉の成分を人工的に加えたもののことを指します。温泉を再現するためには、鉱石を加えたり入浴剤を加えたりなど様々な方法がありますが、いずれの場合でも温泉法の温泉として適応・禁忌症などをうたうことは出来ません。

準温泉(準天然温泉)とは


ただ、人工温泉で加える成分が医薬部外品の製造認証を受けている鉱石の場合には、その鉱石の成分によって効能をうたうことができます。効能が表示できるならば、一般的な利用者にとっては温泉とあまり変わらないという印象かもしれません。こういった温泉のことを準温泉(準天然温泉)として、人工温泉の中でも差別化をして売り込んでいる場合も多く見られます。ホテルさきはなのホームページにも、準天然温泉というキャッチコピーが書いてありますね。


人工温泉の効果は天然温泉に劣るのか


これらの人工温泉のお湯は、天然温泉に対して効果が劣るのかといいますと、一概にそうとも言い切れません。と言うよりは、天然温泉と人工温泉を区別する基準が人体への効果といったところには無いため、天然温泉、人工温泉どちらも含めてそれぞれのお湯毎に個性があるという言い方が適当なのです。
人工温泉が天然温泉に劣るところは、温泉マニアが満足しないという点のみ、と言えるかもしれません(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサードリンク

プロフィール

FC2USER473085RAN

Author:FC2USER473085RAN
温泉が好きな国内旅行マニアです。色々な温泉に入るうちに、温泉のことをもっと知りたいと思うようになってきました。気になる美容・健康との関係についても調査しちゃいます!

最新記事

カテゴリ

おすすめトラベルリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。