スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形新幹線の足湯付き臨時列車「とれいゆ」

いささか旧聞に属するニュースですが、JR東日本が新幹線のデザイン見直し・高級路線化の一環として、山形新幹線に足湯などの設備を設けた臨時列車「とれいゆ」の7月からの運行について発表しました。

「とれいゆ」の概要について


「とれいゆ」が導入されるのは、福島〜新庄間(約2時間区間)。既存の車両であるE3系を改造し16両編成の内の11号車から16号まで。足湯部分は2槽の湯舟からなり、同時に8人が利用できる他、湯上がりラウンジや語らいの場としてお座敷を設けるようです。運転日数は週末、休日など中心に年間120日ほどになる予定です。

「とれいゆ」のデザイナー


この「とれいゆ」を含め、山形新幹線は今回新たなリファインをされ、より先鋭的で山形をイメージしたデザインになります。デザインをしたのは奥山清行さんというフェラーリ社でデザインの担当もされていた方。長い鼻部分が話題となった新幹線E6系車両や、W7系車両などのデザインもしています。ご出身が山形県ということで、デザイン事務所も山形県内にあり、その縁でもあったようです。

気になる「とれいゆ」の温泉


「とれいゆ」内の温泉の泉質については公表されていないものの、源泉掛け流しでないことは確かです(笑)。そもそもが高級路線車両であること、山形のイメージであることが重要であることから、山形県内の温泉を採用した足湯になってくれるのではないかと期待しておきましょう。

列車内の足湯が流行ってほしい


列車旅行の場合、長時間椅子に座っている体勢で血行が悪くなる可能性がありますので、足湯との組み合わせが今後もっと流行ってくれればと思います。停車駅毎にその駅の周辺にある温泉を積み込んで、足湯の源泉も変わってくれる仕組みができたら面白そうです。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサードリンク

プロフィール

FC2USER473085RAN

Author:FC2USER473085RAN
温泉が好きな国内旅行マニアです。色々な温泉に入るうちに、温泉のことをもっと知りたいと思うようになってきました。気になる美容・健康との関係についても調査しちゃいます!

最新記事

カテゴリ

おすすめトラベルリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。