FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉の定義

温泉の定義、知っていますか?


温泉とただの温かい地下水の違いはあるのでしょうか。もし違いがあるとするなら、成分がいっぱい含まれているのが温泉?それとも肌がすべすべになるのが温泉?なかなか答えるのが難しい質問です。

実は、温泉の定義は温められた地下水、それで構いません。昔の人が温泉を発見した時に、それが成分を沢山含んでいるから温泉と名付けたというわけではありませんし。

温泉法での温泉の定義


ただ、温泉というものを規定する法律もあります。昭和23年に制定された温泉法は、温泉の条件として以下の物を挙げます。


  • 摂氏25度以上の温度

  • 成分として以下のうち1つを含む

    • 溶存物質1000mg以上

    • 遊離炭酸250mg以上

    • リチウムイオン1mg以上

    • ストロンチウムイオン10mg以上

    • バリウムイオン5mg以上

    • フェロまたはフェリイオン10mg以上

    • 水素イオン1mg以上

    • 臭素イオン5mg以上

    • ヨウ素イオン1mg以上

    • フッ素イオン2mg以上

    • ヒ酸水素イオン1.3mg以上

    • メタ亜ヒ酸1mg以上

    • 総硫黄1mg以上

    • メタホウ酸5mg以上

    • メタけい酸50mg以上

    • 重炭酸ソーダ340mg以上

    • ラドン20×10^-10Ci以上

    • ラジウム塩1億分の1mg以上




成分についての調査は、10年以内に必ず一回行われます。温泉の保護・利用のために温泉法はあるそうで、この法律があるから私たちは正当な成分表示がされた温泉を楽しみ、また論ずることが出来るわけです。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサードリンク

プロフィール

FC2USER473085RAN

Author:FC2USER473085RAN
温泉が好きな国内旅行マニアです。色々な温泉に入るうちに、温泉のことをもっと知りたいと思うようになってきました。気になる美容・健康との関係についても調査しちゃいます!

最新記事

カテゴリ

おすすめトラベルリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。