FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泉質による分類:炭酸水素塩泉

前回の二酸化炭素泉に引き続いて、泉質による9つの温泉分類を見ていきます。

炭酸水素塩泉(重曹泉)とは


炭酸水素塩という言葉は、あまり耳慣れないものです。それに対して重曹という言葉は、非常に身近なところでは料理をする際のベーキングパウダーにも使われていることから、知名度は比較的あります。
炭酸水素塩泉(重曹泉)という書き方をしていますが、厳密には炭酸水素塩と重曹はイコールの関係ではなく、重曹というのは炭酸水素塩の一つ、という包括関係があります。重曹泉でない炭酸水素塩泉は、重炭酸土類泉というカテゴリーになり、旧い温泉成分表示では重曹泉と重炭酸土類泉を分けていたため、この単語は温泉地のパンフレットや成分表示でも、いまだに使われることが多いようです。

要は、炭酸水素塩と呼ばれる物質が基準量(温泉1kg中340mg)以上含まれる温泉のことを指し、重曹泉であればナトリウムイオンと炭酸水素イオンが結合した炭酸水素塩、重炭酸土類泉であればカルシウムイオンないしマグネシウムイオンと炭酸水素イオンが結合した炭酸水素塩を主成分にしています。

炭酸水素塩泉(重曹泉)の効能


炭酸水素塩泉(重曹泉)は、「美肌の湯」「美人の湯」といったキャッチコピーで表わされることの多い泉質です。というのも、アルカリ性の湯が肌にとどまる老廃物質を溶解し、新しい角質を表面に出す効果を示すからで、そのため湯上がりに肌がスベスベになったと感じさせることが多いのです。古い角質を除去する効果自体は、石鹸と同様の仕組みになりますが、湯に浸かることによって普段気付かない体の部分も含めてリフレッシュすることが期待できます。
その他、よく挙げられている効能としては切り傷の治癒などがあります。肌表面の代謝を促進し、傷を目立たないようにするという程度の意味合いであり、皮膚病などの根本原因に効果が及ぶというわけではないので、その点には注意をする必要があるでしょう。

飲用泉としての炭酸水素塩泉(重曹泉)


炭酸水素塩泉(重曹泉)の温泉の中には、入浴による効果の他に飲泉による効果を売りにしている温泉も数多くあります。重曹泉の主成分である重曹は、市販の胃薬の中にも含まれる成分で、胃酸を中和してくれる効果があります。そのため慢性的に胃酸が過剰に分泌され、胃を荒らすという症状に悩まされている方には、重曹泉の飲泉は一定の効果をもつと言えるでしょう。ただし、旅行先の温泉で一度きりの飲泉を行って効果が出るというような性質ではなく、日常的な飲泉での効果ということになりますので、旅行先の温泉が重曹泉であったからといって、胃もたれなどの体質の急激な改善など、過剰な期待をすることは間違いであると言えます。

代表的な炭酸水素塩泉(重曹泉)


炭酸水素塩泉(重曹泉)が湧出するのは、おおむね炭酸泉と同じような地質条件にある場所です。炭酸水素塩泉の生成過程で、前提として炭酸ガスの発生を必要とするからです。
炭酸水素塩泉(重曹泉)の見た目上のひとつの特徴として、通称「黒湯」と呼ばれる、黒褐色の色の濃い温泉があります。黒湯の温泉は、東京神奈川千葉といった南関東に主に分布しており、これらの地域では、天然温泉を使った健康ランドで黒湯を見かけることもあるかもしれません。
黒湯ではない炭酸水素塩泉(重曹泉)で有名なものは、和歌山県の龍神温泉で、こちらの温泉は日本三大美人の湯の一つに挙げられています。色は無色または微白濁色などですが、湯に浸かってみると肌がヌルヌルするため、その効果の程をすぐに実感できると思います。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


スポンサードリンク

プロフィール

FC2USER473085RAN

Author:FC2USER473085RAN
温泉が好きな国内旅行マニアです。色々な温泉に入るうちに、温泉のことをもっと知りたいと思うようになってきました。気になる美容・健康との関係についても調査しちゃいます!

最新記事

カテゴリ

おすすめトラベルリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。